理念・沿革

グループの理念

「医療」「人間ドック/健康診断」「介護/福祉」の3つを柱に
地域の方々の健康と老後の充実に貢献します。
永仁会グループは大学病院、行政機関をはじめとする様々な施設と連携し、トータルな医療福祉サービスを 展開しています。理念を現実化するためのキーワードは「高品質」と「サービス精神」です。
地域の方々の健康と老後の充実に貢献地域の方々の健康と老後の充実に貢献

高品質

高品質な医療を実現するために、医療面においては「専門医師による外来の充実」「大学など基幹病院との 連携」「迅速かつ高精度な画像診断や内視鏡検査」を心がけています。また健康寿命の長期化を目指し、 「予防医学」や「人間ドック・健康診断」にも重点を置いています。 介護福祉の面においては、医療セクションと介護セクションの連携を重視するとともに、在宅介護から施設 介護に至る幅広いサービスをご用意し、利用者様の身体だけではなく心のケアにも配慮した質の向上・設備 の拡充に努めています。

サービス精神

医療・検診・介護・福祉の全ての施設で、ご利用いただく皆様に快適にサービスを受けていただくことが大 切だと考えています。温かいおもてなしの心で、シティホテルやアミューズメントパークのような気持ちの 良い接遇を実践してまいります。

沿 革

1947年 埼玉県入間市新久に永田医院(内科・小児科)を開設。
1968年 永田病院 病床数23床を開設。
1978年 社会福祉法人永仁会設立。
1979年 入間市初の特別養護老人ホームとなる 入間老人ホームを開設。
1994年 医療法人永仁会を設立。
1996年 入間ハート病院、 介護老人保健施設ケアセンターなごみ、 なごみ訪問看護ステーションを開設。 入間市内初のデイサービス事業所となる 入間デイサービスセンター、 入間在宅介護支援センターを開設。 入間ホームヘルプ(ホームヘルパー派遣事業)を開設。
1999年 ハート訪問看護ステーション、 ハート在宅介護支援センターを開設。
2000年 介護保険制度開始。 ハート在宅介護支援センター、 入間在宅介護支援センターが 居宅介護支援事業所として指定を受ける。
2003年 グループホームSAKURA開設。
2004年 なごみ訪問看護ステーション内に 居宅介護支援事業部門を開設。
2005年 入間ハート病院健康管理センター、 所沢PET画像診断クリニック、 介護老人保健施設ゆりの木を開設。
2007年 藤沢地域包括支援センター、 東金子地区地域包括支援センター開設。
2010年 ハート居宅介護支援事業所を廃止。
2011年 なごみ訪問看護ステーションを ハート訪問看護ステーションに統合。 なごみ訪問看護ステーションから なごみ居宅介護支援事業所を独立。
2018年 入間老人ホーム 本館リニューアル
2019年 入間ハート病院 新棟オープン