入間ハート病院入間ハート病院

〒358-0026 埼玉県入間市小谷田1258-1

交通アクセス

外来・ご予約・お問合せ  04-2934-5050

受付時間月~金/8:30~17:30 土/8:30~17:00

検 索

糖尿病外来

糖尿病には様々な治療法があります。
個々の患者様に最も適切な治療をさせていただくことを心がけています。

対象とする疾患

  • 糖尿病外来ですので糖尿病が中心です。
  • 糖尿病に合併している高血圧、脂質異常症、高尿酸血症なども一緒に治療しています。

このような症状が出た時にご来院ください

当科が対象とする疾患は、重症になるまで症状がでません。
症状が出る前に治療する必要があります。
健診などで異常が指摘された場合、速やかに受診してください。

診療科の特徴

糖尿病治療について

  • 最も大切なことは食事療法です。第2番目が運動療法で、第3番目が薬物療法です。従いまして受診されても糖尿病治療薬を使用するとは限りません。
  • 患者様とよくお話をして、適切な食事療法、運動療法、薬物療法を考えていきます。
  • 栄養士が食事療法のお手伝いをいたします。
  • リハビリ職員が運動療法のお手伝いをいたします。

糖尿病治療の目的は糖尿病の合併症を予防することです

主な糖尿病の合併症は以下の4つです。

  • 糖尿病腎症:透析となる第一番の原因です。
  • 糖尿病網膜症:成人の主な失明原因の一つです。
  • 神経障害:両足の感覚障害、起立性低血圧、便秘、下痢、残尿、勃起障害など
  • 動脈硬化性疾患:狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症など

合併症を予防するためには

  • 血糖コントロールがもちろん大切です。
  • しかしながら糖尿病のみでなく、高血圧や脂質異常症なども一緒に治療する必要があります。
  • また、禁煙、節酒も大変重要です。

糖尿病の薬物療法について

  • 糖尿病の薬には様々な機序の薬がありますので、患者様に適切な薬を選んで治療します。
  • 最近ではインスリン注射も比較的簡単にまた痛みも少なく皮下注することができますので、早い時期でのインスリン治療が糖尿病治療とその予後の改善に重要だと考えられています。また早期にインスリン治療をしますと、しばらくしてインスリンを中止できることがしばしばあります。

より良い治療を目指して

24時間持続血糖測定器の利用

インスリンを使用している患者様の多くは、ご自分の指先で自己血糖測定をしています。しかし、この方法では血糖測定した時点での血糖値を知ることができますが、例えば夜中の血糖値などはわかりません。最近は50円玉より少し大きいセンサーを上腕に付けると(簡単に装着できます)、2週間分の血糖値が連続して測定できる機器ができています。またリーダー(自己血糖測定器程度の大きさ)をセンサーにかざすだけで、おおよその血糖値(正確には間質液ブドウ糖濃度)を知ることができ、低血糖や高血糖の予防に役立ちます。

インスリンポンプの使用

インスリンを自動的に注入するコンピュータ制御の小型医療機器です。3日1度、注入セットとインスリンリザーバーを交換するだけで、針で皮膚を刺してインスリン注射する必要はありません。

大学病院など他の施設との連携

防衛医科大学校病院、石心会病院、埼玉医科大学附属病院、帝京大学附属病院、東京大学附属病院、聖路加病院、国立国際医療センターなどと連携をしています。

診療日時・予約方法

受付 午前 9:00~11:30 午後 15:00~17:30

【予約制】予約患者様のみの診療となります。

午前 担当医
(9:30~)
担当医
(9:30~)
担当医 橋本佳明
午後 担当医 和田 担当医
橋本佳明
午前
担当医
(9:30~)
担当医
(9:30~)
担当医
橋本佳明
午後
担当医 橋本佳明
和田
担当医

… 予約制:予約患者様のみの診療となります。
… 予約優先:予約患者様の診療を優先とし、予約外の患者様の診療も受付いたします。

※診療時間の変更、休診情報についてはこちらをご覧ください。

ご予約・お問合せ 04-2934-5050
担当医師 橋本 佳明医師(糖尿病専門医) 〔出身校〕東京大学 〔現所属〕医療法人永仁会