入間ハート病院入間ハート病院

〒358-0026 埼玉県入間市小谷田1258-1

交通アクセス

外来・ご予約・お問合せ  04-2934-5050

お問合せ時間月~金/8:30~17:30 土/8:30~17:00

検 索

禁煙外来

(1)禁煙外来とは

医師が禁煙をサポート

禁煙外来とは、タバコをやめたいのにやめられない人のために設けられた専門外来です。医師が患者さんの喫煙歴を把握した上で、禁煙補助薬を処方し、タバコをやめられるようサポートします。禁煙に自分で取り組んでも成功しない人はぜひ活用してください。

健康保険を使って治療ができます

禁煙外来は下記の4条件を満たせば健康保険が適用されます。

  • ニコチン依存症の判定テストが5点以上
  • 35歳以上の者については、1日の喫煙本数に喫煙年数を掛けた数が
    200以上であるものであること。(35歳未満の方については、200以下でも適用されます)
  • ただちに禁煙を始めたいと思っている
  • 禁煙治療を受けることを文書で同意している

<ニコチン依存症判定テスト>

問1.自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。 はい  いいえ
問2.禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。 はい  いいえ
問3.禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。 はい  いいえ
問4.禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加) はい  いいえ
問5.問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。 はい  いいえ
問6.重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。 はい  いいえ
問7.タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。 はい  いいえ
問8.タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。 はい  いいえ
問9.自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。 はい  いいえ
問10.タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。 はい  いいえ

注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態
禁煙治療のための標準手順書第5版65より引用

<喫煙本数×年数の計算>

1日の喫煙本数とこれまでタバコを吸っていた年数を入力してください。(半角数字でご入力ください)

1日の本数  ×  喫煙年数  = 
また以前に禁煙外来で治療を受けた経験のある人は、前回の治療から1年間経過していなければなりません。

禁煙外来で使用する薬

禁煙外来では、ニコチンパッチという貼り薬を使用いたします。
当院では禁煙外来の処方薬として、禁煙成功率が高い内服薬(チャンピックス®)での治療も行ってまいりましたが、下記の事情により当面はニコチンパッチのみでの治療を行います。禁煙外来での治療を希望される方は予めご了承ください。
※内服薬(チャンピックス®)出荷停止・自主回収のお知らせ
チャンピックス®を製造しているファイザー株式会社からの報告により、2021年5月より出荷した「チャンピックス 1 ㎎錠、製造番号:EP9481」に、発がん性の可能性があるとされるニトロソアミンが含有していることが判明いたしました。
現時点の安全性に関する情報から、回収対象の製品を服用されていてもニトロソアミンによる重篤な健康被害の発生はないと報告されておりますが、該当する番号の製品をお持ちの患者様は、当院または処方を受けた薬局までご相談いただくようお願いします。
製造番号の確認方法は、こちらをご覧ください。
なお、現在チャンピックス®は出荷停止になっておりますが、出荷再開になりましたら改めてホームページにてお知らせいたします。ご理解の程よろしくお願いいたします。

治療のスケジュール

禁煙治療はどちらの薬を使用しても12週間かけて行います。その間に5回診察を受け、検査(一酸化濃度検査※)や日常生活上のアドバイスなどを行います。
※息の中に一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)がどれくらい含まれているかを調べる検査です。

(2)禁煙に成功するメリット

タバコをやめることは、様々な病気のリスクが低減させるだけでなく、多くのメリットがあります。
禁煙後数時間一酸化炭素レベルが非喫煙者と同レベルになる
禁煙後数日味覚・嗅覚が敏感になる
禁煙後1~2ヶ月慢性気管支炎の症状(せき、たん、喘鳴)が改善
禁煙後1年軽度・中度のCOPD患者で肺機能が改善
禁煙後2~4年狭心症や心筋梗塞といった心臓疾患のリスクが、喫煙者より大幅に低下
禁煙後10~15年咽頭がんのリスクが喫煙者より60%低下
禁煙後10~19年肺がんのリスクが喫煙者より70%低下
禁煙後20年口腔がんのリスクが非喫煙者と同レベルに
上記以外にも「朝のめざめがよくなった」「肌の調子がよくなった」「イライラすることが減った」「衣服や部屋がタバコ臭くなくなった」「趣味に使えるお金が増えた」など、多くのメリットがあります。ぜひ、今年こそ喫煙に成功して、健康的な暮らしを取り戻しましょう!

ご予約・お問合せ

*禁煙外来についてのご質問は当院受付へお問い合わせください。

ご予約・お問合せ 04-2934-5050